流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

老齢加算廃止をどう思いますか??

6   0

もうすぐ、ボーナスの支給ですね!!
みなさんの会社のボーナスはいかがですか??
うちの会社は、間違いなくカットですよ(笑)
もっと、いっぱいくれれば、内需拡大に貢献するのですが、この額では到底無理です。。。

さてさて、今回は、お金に絡んだお話です。
原告の方々も、もらえる額のアップに向けて頑張っているようですが、その結果は・・・・。


ブログの応援お願いしますキラキラ
ダウン


にほんブログ村 士業ブログへ

皆様思いが届きました!!今日もありがとうございますjumee☆SaturdayNightFeverL


●6月26日(毎日新聞)

 70歳以上の生活保護受給者に上乗せ支給されていた老齢加算を廃止したのは生存権を保障した憲法に違反するとして、東京都内の高齢者12人が居住する3市7区に廃止処分の取り消しを求めた訴訟で、東京地裁は26日、請求を棄却した。全国8地裁に起こされた同種訴訟で初の判決。原告側は控訴する方針。

 老齢加算は、高齢者には消化に良い食べ物や暖房が必要で、墓参りなど社会的費用もかかるとして1960年に創設された。原告は月額1万7930円を受給していたが、04年度9830円、05年度3760円と段階的に引き下げられ、06年度に全廃された。

大門匡(たすく)裁判長(岩井伸晃裁判長が代読)は「生活保護費に付加して給付されている老齢加算を廃止しても、現実の生活水準を無視した著しく低い基準になるとは言えない」と述べた。食費を切り詰めたり、葬儀列席を控えている原告の生活については「不自由を感じる場面が少なくなく、廃止を問題視するのは無理からぬことだ」と理解を示しつつ「憲法25条が保障する『健康で文化的な最低限度の生活』を満たしていないとは言えない」と判断した。

(ここまで)


最初に、概算ですが数字を出させていただきますね。
言葉で説明するよりも、わかりやすいと思います。

原告の方の生活保護費 → 月 7万5000円 (原告団長の生活保護費です)
現在の水準の国民年金 → 月 6万6000円 (H20価格 年792100円より)

あくまでも概算ですが、この数字を見て、皆様はどのように思うでしょうか??
訴訟は、現状の7万5000円にさらに1万7000円あった、老齢加算を復活させてほしいという内容なのです。

生活保護費は、皆さんもイメージがつくと思いますが、自分の収入では暮らしていけない人が貰うものです。
もちろん、その財源は私たちの税金が使われているのは言うまでもありません。
それが、国民年金の受給額より多いのですから、ある意味国民年金では、「最低限度の生活」が出来ないということになるのでしょうか??

以前から、生活保護費を国民年金の水準に合わせようという話がありました。
これは、どう考えても当たり前の話だと思います。
一生懸命国民年金にお金を納めていた人よりも、生活できなくなり生活保護費をもらっている人の方が裕福な生活ができるのは、おかしいと思います。

以前にも取り上げましたが、本当に生活が苦しくても、財政の影響で生活保護費をもらえなくて、そのまま餓死してしまう人もいるのが現状です。

闇の北九州方式(興味ある方は、以前のブログをどうぞ)
私的には、老齢加算を復活させるのでしたら、これらの本当に困っている方々に回していただくのが先決ではないかと思います。

報道では、すべては見えませんが、今回の判決は妥当な判決ではないかと個人的には考えています。みなさまは、どうのようにおもいますか??




ホッシーの今日の出来事TOP

スポンサーサイト

SHARE

-6 Comments

さすけのぺろ says...""
こんにちは~

生活保護費が年金より多いって…年金に合わせた方がいいというより、合わせるべきですよね
やはりまだまだ変なとこがあるんですねぇ><
2008.06.27 11:51 | URL | #.GTNPbic [edit]
まさ@茨木 says..."年金と生活保護"
まず年金の性質について。
「事故」に備えた、生活保障保険という位置づけで私は考えています。
事故の種類として、加齢、障害、配偶者の死、というのがある。
事故の結果、働けないので収入がなくなり、それに備える、という性質です。
生活保護の場合、保険料すら払えなかった人のための社会保障としてのセーフティーネットです。
どちらも憲法25条の生存権に基づくと考えます。
ただ、どちらの金額も正直、生活できる金額ではありません。
どちらが高い、という議論より、どちらも生活できない、という見地からスタートするべきだとまず考えます。
2008.06.27 15:38 | URL | #- [edit]
梅 says...""
後期高齢者医療や値上げで負担が増える中での減額はきついだろうなぁと思うけど、年金より金額が多いのもどうかと思うし・・・・
月額6万6千円で『健康で文化的な最低限度の生活』がおくれるかどうか疑問です

ウチのダンナはすずめの涙のようなボーナスがでました
新聞の支給平均額とかみると、格差社会を実感します(>_<)
2008.06.27 16:26 | URL | #- [edit]
ホッシー says..."さすけのぺろさん"
昔ながらで、残っている制度は多いので、制度自体や金額が、おかしなことってありますよね。。。
生活保障の額自体が、時代に合っていないのだとは思うんですけどね~。。。
2008.06.28 00:53 | URL | #- [edit]
ホッシー says..."まさ@茨木さん"
確かに、どちらの金額も、支給額として見てみたら、少ないですよね。
しかし、老齢年金に関しては、将来は現在の額より少なくなり、その支給レベルで生活をすることになります。
それを考えると、保険料も払っていない生活保障のこの裁判は、納得がいかないのが本音です。。。
2008.06.28 00:56 | URL | #- [edit]
ホッシー says..."梅さん"
確かに、全体の給付の額はおかしいですよね。
国民年金に関しては、支給額が、今の額より間違いなく下がるので、それは心配です。
新聞のボーナスの金額って、本当に良い額が出てますよね。
いったい、あんなに誰が貰っているんでしょうね(笑)
2008.06.28 00:58 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakarurouki.blog114.fc2.com/tb.php/96-5c30b97c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。