流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

社会保険方式で91%の納付率

10   0

今日は、何回か話題になっている、年金保険料の支払の方法についての記事です。

少し前までは、「税方式」が話題になっていましたね。
しかし、前回も税方式なんて絶対無理だとブログにも書きましたが、まさにその通りになりそうな流れに変わってきましたね。

ただ、将来の年金がきちんと支払われる制度が継続されていくのでしたら、「税方式」でも、「社会保険方式」でも、どちらでも良いんですけどね(^^;

※社会保険方式は、現行の制度のことで、毎月決められた保険料を納めていく制度になります。

******************
ブログの応援お願いします。
このワンクリックで、ホッシーは幸せになれます!!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
↑↑↑
人に与えた幸せは、きっとあなたにも跳ね返えります!!
今日も皆さんが、ツイてますように。
******************


●6月4日(四国新聞社)

 政府の社会保障国民会議の雇用・年金分科会が4日開かれ、国民年金の未納対策として低所得者の保険料免除や、パート労働者らを対象に厚生年金の拡大などを徹底した場合、2006年度に66・3%だった納付率は最高で91・1%まで上がる、との試算が示された。

 未納問題は、基礎年金を全額税で賄う「税方式」論の根拠の一つとなっている。政府が今回の試算を出したのは、現行の社会保険方式でも問題の解決が可能であることを示し、税方式論をけん制する狙いもありそうだ。

 試算によると、国民年金に加入している週20時間以上30時間未満のパート労働者や、5人未満の個人事業所の従業員をすべて厚生年金の加入対象とした場合、滞納者が減ることで納付率が10・2%アップ。

 さらに、低所得者の国民年金保険料を本人の申請がなくても免除したり、所得が500万円以上あるのに保険料を払っていない人に強制徴収を徹底した場合、納付率を最高で91・1%まで高められる。


(ここまで)


ここでは、厚生年金の加入が、一つのポイントになっていますね。
税方式でも、社会保険方式でも、厚生年金はとっても大きなポイントの一つになっていきます。

厚生年金は、ご存知のように給料から天引きされます。
なので、厚生年金の対象者の拡大をしていけば、今まで未納していた人たちからも、「給料天引き」と言う名のもとに、保険料を徴収できるということですね。
これは、私としては、良いことだと思います。

社会保険方式で怖いのは、現在のフリーターの人などが、将来無年金者になることです。
そして、年金の保険料は払わずに、みなさんが納めた税金である生活保護費で暮らすことになると思われます。
矛盾していますよね。
その点、若い方などは、今から給料天引きすれば年金の支給条件もクリアーできるでしょうし、無年金は免れると思われます。


ただし、厚生年金加入には、大きな問題があります。
それが、厚生年金の保険料の問題です。
厚生年金の保険料は、会社と労働者が半分づつ出しています。

そうです!!

厚生年金の範囲を広げると、会社の負担分も増えてしまうのです。。。
その額は、莫大な額になることは、簡単に想像できると思われます。
そして、これが厚生年金の対象者の拡大を会社側が嫌がっている理由となっています。

そして、反対に税方式になると、これが逆になります。
会社勤めの人は、国民年金の保険料を厚生年金の保険料と一緒に払っています。
もちろん、半分は会社が負担してくれています。
もしも、税方式になると、会社の負担分がなくなるわけです。

片や保険料を払わなくて良くなる、片や保険料が増える。
企業としは、年金も大切ですが、会社としての利益も大切なので、とても難しいところになると思います。

この問題については、ただ年金の財源を確保すればいいという簡単な問題ではありません。
もっともっと、色々と議論をして、色々な意見を出していただいて、今度こそより良い制度にしていただきたいと思います。

p.s.
新聞の内容の納付率90%以上とは、とっても強気に出た気がするのですが、そう思うのは私だけでしょうか(笑)

ホッシーの今日の出来事TOP

スポンサーサイト

SHARE

-10 Comments

まさ@茨木 says..."厚生年金保険について"
たぶん、私は、異色な考えを持っています。
厚生年金の給付の部分は「報酬比例」です。
つまり、現役の世代に沢山給料を貰っていたヒトがたくさん年金をもらえる。
沢山給料を貰っていたのだから、たぶん、たくさん退職金も貰っている。
逆に見れば、現役の時に少ない給料のヒトは少ない年金。

年金は貯金ではない、というのが私の考え方です。

今の方式は、金持ちは引退しても金持ちで、お金のないヒトは引退してもお金がない。

社会保障の原点、「相互扶助の精神」から少し外れているような気がします。
2008.06.05 07:17 | URL | #- [edit]
さすけのぺろ says...""
こんにちは~。
納付率90%って…強気すぎると思います(笑)

フリーターの給料から天引きもいいとは思いますが、ある程度は少ない額にしてあげないと、問題になっているネットカフェ難民なども増えていきそうな感じ…。
ある程度の収入がある人は、年金の納付は一定で、収入が乏しい人には、納付額の設定などがあるといいですね♪
2008.06.05 10:54 | URL | #.GTNPbic [edit]
光揚羽 says...""
こんにちは!
将来、無年金は恐ろしいことですね。
歳を取ってそんな状況だったら
生きる希望もなくしてしまいそう。
このままだと将来無年金者が生活保護費で暮らす
様な人が増えてしまうんでしょうか。
厚生年金の対象者の拡大、会社側は大変なのかもしれないけど
そういう措置が必要なんじゃないかと思いました。
2008.06.05 16:54 | URL | #- [edit]
セコロジーで節約しながら楽しもう by せこ says...""
こんにちは。
先が恐ろしいですね。
無年金じゃないにしても生活できるだけもらえるかどうかも問題になってきますね。
2008.06.05 17:36 | URL | #- [edit]
梅 says...""
無年金は困りますね
将来のために収めても年金の管理がずさんだから、収めたくないって人もでてきてますよね・・・
不景気で会社も余力のないところが多いみたいだし・・・
先行き不安ですね
2008.06.05 23:18 | URL | #- [edit]
ホッシー says..."まさ@茨木さん"
確かに、そうですね。
報酬比例になっているので、厚生年金については、もらえる額が支払える額によって変わってきますね。
確かに、そうなると貧困の連鎖が終わらないですよね。。。
そして、「相互扶助の精神」の原則からも、外れてしまいますね。
そう考えると、本当に難しい問題になってきますね。
・・・・、ちょっと、今すぐに答えが出なくてスイマセン。。。


2008.06.06 01:55 | URL | #- [edit]
ホッシー says..."さすけのぺろさん"
そうですね。
みんなから、同じ額を取ってしまったら、それこそ大変なことになってしまいますね。

でも、今回の話題ではないのですが、ネットカフェ難民は、本当に働くところないんですかね??
国内には、仕事を選ばなければいくらでも仕事あるような気がするんですけどね。。。
2008.06.06 01:58 | URL | #- [edit]
ホッシー says..."光揚羽 さん"
生きていく上である程度のお金は絶対に必要ですから、将来お金がなかったら、本当に辛いでしょうね。。。
そうならないためにも、国民年金だけでも入っていれば、ぜんぜん違うんですがね。。。
なるべく、将来設計のできる、将来のために、年金や色々なたくわえをしておかないと駄目だと思います。。。
2008.06.06 02:00 | URL | #- [edit]
ホッシー says..."せこさん"
きっと、国民年金に関しては、なんやかんや言って、大丈夫だと思いますよ!!
また、後世の人たちにツケを残してでも、支払うような気がします。。。
なので、きちんと保険料払っていた方が良いと思いますよ(笑)
2008.06.06 02:02 | URL | #- [edit]
ホッシー says..."梅さん"
実は、年金って収めた人だけの分しか払わないので、年金だけの話になると、納める人が少なくても大丈夫なんですよ!!
要は、厚生労働省の試算がめちゃくちゃなだけなんです。。。
もうちょっと、信用が回復すると良いんですがね。。。
2008.06.06 02:04 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakarurouki.blog114.fc2.com/tb.php/89-b886cd10
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。