流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

企業型DCの本人拠出は認められるか??

0   0

なるべく、旬な話題を簡単に書いていくことを目標にしていたのですが、昨日から話がいきなり難しくなってしまって、申し訳ありません。。。
来週頭には、今までの状態に戻しますので、それまで辛抱していてくださいね。。。

昨日に引き続いて、確定拠出年金の問題点についてみていきたいと思います。
昨日は、現行の状態で、拠出限度額が適正かどうかを見て行きました。
今回は、

******************
ブログの応援お願いします。
このワンクリックで、ホッシーは幸せになれます!!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
↑↑↑
人に与えた幸せは、きっとあなたにも跳ね返えります!!
今日も皆さんが、ツイてますように。
******************



今回の話題は、確定拠出年金(企業型DC)の本人拠出の問題です。


企業型確定拠出年金では、本人が年金に保険料を払う制度はありません。
全額事業主負担になっております。
ということは、将来もらえるお金に関して、自らの意思によって金額を増やすこそが出来ないということになります。
事業主さんが善意の方で、拠出額ギリギリまで拠出してくだされば良いですが、拠出額が少なかったら・・・・。

せっかくの非課税枠を使えないのはもったいないと思いませんか??

現状の議論では、本人拠出を認める方向で話し合いは進んでいます。
企業型確定拠出年金は、将来のライフスタイルを形成する上で、十分な金額をもらえるようになることが根底にあります。
それからいくと、いくらでも好きなだけ本人拠出していいわけではなくて、まずは「拠出限度額の限度」で、認める方向で話し合っているようです。


これについては、私も賛成です!!

ある程度の制限を設けないと、大変なことになると思います。
確定拠出の拠出金は、原則非課税です。
そうすると、確定拠出を導入している企業と導入していない企業で、不平等が出てくると思います。

安定志向派が多い日本人です。
ローリスク・ローリターンなら、「税金」はとっても、大きなポイントになってしまいますね。

誰もが、確定拠出年金に入れるわけではありません。
やはり、みなさまに、平等な制度であってほしいと思っています。

スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakarurouki.blog114.fc2.com/tb.php/85-d134f879
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。