流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

FXとネット銀行各社の戦略

2   0

最近、株式投資がだいぶ近い位置に来ていますね。

企業年金としては、企業年金限定の商品も多いために、安全な商品が多く安心して運用できるものが多いのですが、一般の投資対象はとても多岐に渡っていますね。

特に、最近良く見るようになったのが、「FX」です。
みなさまも、聞いたことがあるのではないでしょうか??
FXの人気は広がりをみせ、今回窓口がさらに広がるみたいです。

この先、FXはどのようになっていくのでしょうか??

******************
ブログの応援お願いします。
このワンクリックで、ホッシーは幸せになれます!!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
↑↑↑
人に与えた幸せは、きっとあなたにも跳ね返えります!!
今日も皆さんが、ツイてますように。
******************


●5月10日(時事通信)

 インターネット専業銀行の間で、外国為替証拠金取引(FX)に参入する動きが広がっている。既に参入済みの2行に加え、ソニー銀行も近くサービスを始める予定。今夏までにはネット専業全4行が導入する見通しで、顧客獲得競争が一段と激しくなりそうだ。
 
 FXは業者に預けた小額の証拠金を元手に多額の外貨を売買できる取引。リスクは高いが、わずかな資金で大きな利益が得られるため、利用者が急速に増えている。

 2001年の開業直後から外貨預金を主力商品としてきたソニー銀も12日にFXサービスを開始する。「外貨預金を卒業して(他社の)FXに移る利用者も出てきた」(経営企画部)ためで、FXの導入によりサービスの幅を広げ、顧客の囲い込みを図る方針だ。

(ここまで)


FXの人気の高まりで、色々な機関がFXの参入に乗り出しているようです。
ネット銀行の参入は、手数料の面で他の機関と比べると安くなる予定なので、FXをやっている方には朗報なのではないでしょうか??

FXとは、外国為替証拠金取引のことを言います。
「証拠金」と言われるまとまった資金を元手にして、外国為替を取り引きします。
このときに、「レバレッジ」と言われますが、元手の何倍もの大きな資金の取引ができます。
取引機関としては、信用貸しのようなものです。
なので、少額の資金でも大きく利益を上げられる特徴があります。

その他にFXの利点は、

・24時間取引できる
・金利収入が得られる
・取引手数料が安い
・売りからでも取引可能

の利点があります。

色々な利点はありますが、FXの基本はレバレッジを使った取引です。
自分の資金以上に大きな取引をできるということは、儲けた時は大きいですが、損した時も大きくなります。
現在のように相場が上がったり下がったりしているときには、短期の売買には適しているとは思いますが、とってもリスクが高いので初心者にはどうかとも思います。

投資信託でも言いましたが、私たちのような金融商品初心者は、長期的に(10年以上)計画を立てて商品の選択をしていくのはいいと思います。
しかし、現在のように短期に売買をするには、情報もテクニックも不足しているのではと思います。

常に、自分がとれるリスクの値をきちんと決めてから、購入するようにしてくださいね!!

スポンサーサイト

SHARE

-2 Comments

まさ@茨木 says..."全く同感です。"
投資と投機がごっちゃになっている方っているんじゃないかなと私は思ってます。
自分が理解不能な投資商品を買うことは「投機」だと私は考えます。
FXについては、確かに手数料が安いのは魅力ですが、為替はプロでも予測できないので、投機に近いのかな、というのが個人的な見解です。
個人的なことを書きますと、私は社会人になってすぐ投資を始めています。
一度に多額の投資をするのではなく、「ドル・コスト平均法」で、何種類かの商品(投資信託、為替など)を毎月買い増していって、時々ポートフォリオの入れ替えをします。
ハイリターンこそありませんが、そこそこの運用実績は上げているので、このスタイルでたぶん今後も続けます。
本当は株の方が投資信託より今は手数料が安いと思いますが、分散投資が私の基本なので、個別の銘柄の分析が面倒で、株はやっていません。
2008.05.11 06:26 | URL | #- [edit]
ホッシー says..."まさ@茨木さん"
まさ@茨木さんの行っている方法が、一番の理想だと思います。
やはり、投資自体は、長期的に行うことにより、リスク分散がされますし、複利効果が得られます。また、ポートフォリオによって、運用の結果が決まってしまうと言われるように、ポートフォリオの見直しもとっても大切だと思います。
多くの方が、目の前の利益のみを見るのではなく、まさ@茨木さんのように長期的な目線で投資を考えられると、販売会社の売り方も変わってくるのではないかと思っています。
2008.05.12 01:58 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakarurouki.blog114.fc2.com/tb.php/67-c8fd1098
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。