流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

ウイルスとの遭遇ーその時あなたはー

0   0

ここ最近、ウイルスの話題が多く上がってきていますね。

・インフルエンザ
・ノロウイルス
・SARS

など、多くのウイルスが話題になっています。
それも、これらのウイルスは進化して、強力になってきているみたいですね。

最近のウイルスと言えば、もちろん鳥インフルエンザですね。
政府は、どのような対策をとっているのでしょうか??

******************
ブログの応援お願いします。
このワンクリックで、ホッシーは幸せになれます!!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
↑↑↑
人に与えた幸せは、きっとあなたにも跳ね返えります!!
今日も皆さんが、ツイてますように。
******************


●5月7日(オーマイニュース)

ノアの箱舟の大洪水から数千年たったとされる現在、地上は、またも神が憂うような状態にも似た、新型の鳥インフルエンザの恐怖におののいている。

政府の計画によると、ワクチンの臨床試験のために6000人へ接種し、安全性や有効性が確認されれば、さらに1000万人に接種するという。国民の約12人に1人が接種を受けられる勘定になる。1000万人の選抜基準が問題となるが、この際の混乱を収めるために、厚労省はあらかじめこのワクチンの接種対象者を示すガイドラインを設けた。

これによると、同ワクチン接種を優先される対象者は、医療・救急関係者などの医療関係者や、消防・警察・自衛隊などの治安維持関係者、さらに電気・水道などのライフライン関係者、議員・首長・公務員などの国・自治体関係者のほか、情報・通信や輸送関係者などと明示されている。

果たして、行政は神のような人選を行うことができるだろうか。

(ここまで)

鳥インフルエンザに始まるといわれている、新型ウイルスの問題はとても重大な問題ですね。
現在騒がれている鳥インフルエンザは、人から人への感染は認められていないみたいです。
しかし、鳥インフルエンザの広域化・長期化のために、いつ突然変異で新型ヒトインフルエンザになって世界的な大流行(パンデミック)を起こしてもおかしくないと警告しているようです。

そして、今回のこの話題。
遂に、ワクチンの投与に踏み切るみたいですね。
やはり、それほどでに、事態は急迫しているのでしょうね。
なんか、とっても怖いですね。。。

このワクチン自体も、まだ臨床段階で効果もはっきりとは分かっていないようです。
本当の意味で未知との遭遇ですね。。。
早く抗体が見つかってくれれば良いのですが・・・・。

臨床実験が済むと、12人に1人がワクチンを受けられるようですか、この選定方法は、みなさんにも興味があるのではないでしょうか??
記事に上がっていた人は、ある程度うなづける人も多いですね。
しかし、それ以外の人は、どのように決めるのでしょうか??

政府が決めるのか??
早い者勝ち??
抽選??
面接??

「政府が決める」は、信用できないですね(笑)
「抽選」が、一番公平な気がしますが、全国民で抽選を行うのか??
また、こんな重大なことを抽選で決められるのかという問題にもなりますよね。。。


何よりも一番良いのは、早い時点でのワクチンの開発をしてもらい、ワクチンが全員に供給され、安心してくらせるようになってほしいと思います。
不正続きの厚生労働省!!
名誉挽回のチャンスではないでしょうか??

スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakarurouki.blog114.fc2.com/tb.php/65-eac9031d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。