流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

広がる現代病「うつ」の現状は??

4   0

 今日で、ゴールデンウィークも終わりになりますね。
皆様は、どんなゴールデンウィークを過ごされましたか??

遊びに行った人、読書などゆっくりと時間を過ごした人、勉強していた人など、人それぞれ思い思いの時間をすごされたかと思います。
日ごろから忙しい毎日を送っている皆様には、自分のやりたいことを存分にやった休みになっていればと思います。

今回は、「ひきこもり」に関してです。
この問題は、日本ではまだまだ本当の意味での認知度が低いと思います。
どんな内容でしょうか??


******************
ブログの応援お願いします。
このワンクリックで、ホッシーは幸せになれます!!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
↑↑↑
人に与えた幸せは、きっとあなたにも跳ね返えります!!
今日も皆さんが、ツイてますように。
******************


●5月6日(産経新聞) 

 東京都が開設したひきこもり電話相談の対象者のうち、17%が40代以上で占められていることが5日、都青少年・治安対策本部の集計でわかった。都は15~34歳の若年者層を対象にひきこもり対策を進めているが、40代以上は「全く想定していない」(同対策本部)と困惑気味。対象者のうち30~40代以上と10~20代の割合も同じで、若年層に多いといわれるひきこもりが、実際には“高齢化”していることが浮き彫りとなっている。

 都は昨年7月、ひきこもり専用の電話相談窓口を設置。今年3月までに本人や家族から寄せられた相談件数は延べ1190件で、このうち性別や居住地を申告して相談窓口の利用登録を行った対象者773人のうち、40代以上が17%、30代が29%、20代が34%、10代が12%(不明8%)だった。内容は「職場不適応」などが目立つという。

(ここまで)


新聞で言うように、「引きこもり」のイメージと言うと、若年層が学校や職場にいけなくなることを想像しませんか??
若年層の引きこもりに関しては、色々な対策がされてきていますね。
例えば、

・都道府県が相談窓口を開く
・民間のフリースクールやITを使った学習

などから、就職に関しては公共職業安定所が、

・職業訓練(雇用保険の一部で国が資格取得のためにお金を出してくれる)
・ジョブカフェ(お茶を飲みながら気軽に就職活動を行えるスペース)
・トライアル雇用(初めの何週間かは、試しに雇用してもらいそのあと雇用に関し話し合う)

などの就職に関して積極的に対策を出しています。


でも、今回の新聞記事からも分かるように、30代~40代の引きこもりが増えてきているとの事です。
30代から、40代の「引きこもり」は、主に精神病から来ていることが多いようです。
その主たるものは『うつ病』なのではないかと思います。

うつ病に関しての対策としては、企業内の「メンタルヘルス」が話題に上がってきていますが、対策はまだまだだと思います。
その背景には、うつ病が「病気」であるという認識が、社会全体に浸透していないのが原因でないかと思います。

自分のことを考えてみてください。
自分がうつ病と言われたらどのように感じますか??
軽度のうつ病なら、自ら病院に行き治療をしようと思いますか??
自分が、うつ病ということはないと思い、病院にもいかずに日常生活を続ける人が多いのではないでしょうか??

精神疾患で治療を受けている人は、200万人を超えており、国民約60人に1人が受診しているというデーターも出ています。
「うつ病は病気なんだ」という認識を、多くの方が持つことにより、重度になる前に回復することができ、「ひきこもり」という現象が抑えられるのではないかと思います。

皆様の理解が広がるのが、一番の対策だと思うのですが、皆様はどのように思われますか??

スポンサーサイト

SHARE

-4 Comments

ちびうさ says..."同感です☆"
小さい頃は、頭痛い・お腹痛いと言えば、すぐに保健室にいったり、病院に行ったり、薬ももらったりしたものね。
心が病んだ時にも保健室等は必要だよね。
「誰かに話を聞いてもらう」 そんな少しの処方箋で緩和することだってあるもの。
そんなに難しく考えずに、もっと気軽に診察に行くことができるようになったらいいですよね。
私たち社労士もそういう対策を事前行っていくことが大切だけど、私たち自身も気を付けなければね。
2008.05.07 19:05 | URL | #- [edit]
まさ@茨木 says..."初めまして。"
共感できる部分とそうでない部分があります。
精神科医とカウンセラーに「ひきこもり」の原因を聞いてみると、「対人恐怖症」が圧倒的に多いとの事です。
対人恐怖症は神経症のひとつです。パニック障害を併発している場合もあります。
たしかに、うつ病もありますが、数が違います。

ただ、企業のうつ病に限らず、メンタルヘルス不全全般に関して、もっと認知度を高めなければいけない、と言う意見は100%賛同です。
2008.05.08 17:55 | URL | #- [edit]
ホッシー says..."ちびうささん"
会社にも、気軽に行ける保健室があると良いですね!!

うちの会社も、これらの相談窓口はありますが、思いっきり精神科医の名称と名前が書かれています。
内容もとっても固いイメージのPR広告なので、とてもじゃないけど利用する気にはなりません。
せっかく、費用をかけるならもう少し気楽に使えるように工夫すればいいのに。。。

小さなことから、コツコツとやっていって欲しいです。
2008.05.09 02:32 | URL | #- [edit]
ホッシー says..."まさ@茨木さん"
はじめまして。
コメントありがとうございます。

「ひきこもり」の原因で多いのは、対人恐怖症にあるのですね。
対人恐怖症になりますと、症状も多岐にわたりますし、復帰後も再発の恐れがとても高いので、とっても深刻な問題になりますね。

メンタルヘルス=うつのようなイメージがありましたので、まさ@茨木さんのご意見とても参考になりました。
ありがとうございます。

これからは、「ひきこもり」になる人が今まで以上に増えるような気がしますので、会社側もますます対策を強化してほしいと願っています。
2008.05.09 02:44 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakarurouki.blog114.fc2.com/tb.php/62-80cef546
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。