流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

物を言わぬ日本人。

0   0

昔から、日本人は言いたいことを言うことができない傾向にありますね。
最近は、自分の言いたいことをいえる環境が、ますます少なくなってきているのではないでしょうか??

身近なところでは、家庭で、職場で。
大きなところでは、政治に関して。
みなさんは、自分の思いをぶつけることができますか??

今回の株式の改正は、日本人にあっているのでしょうか??
はたまた、これではいけないのでしょうか??

******************
ブログの応援お願いします。
このワンクリックで、ホッシーは幸せになれます!!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
↑↑↑
人に与えた幸せは、きっとあなたにも跳ね返えります!!
今日も皆さんが、ツイてますように。
******************


●4月28日(時事通信)

 東京証券取引所は28日、産業界が求めている無議決権株など種類株の上場制度を整備するほか、上場企業が適時開示義務などに違反した場合に1000万円の違約金を徴収する上場契約違約金の導入などの制度改革を7月をめどに実施すると発表した。
 
 種類株にはさまざまなタイプがあるが、東証は現在、既に普通株を上場している企業が、株主総会での議決権がない代わりにより高い配当を株主に支払う「無議決権優先株」を発行した場合だけ上場を認めている。今回のルール改正では、既上場企業には、配当方法に関係なく「無議決権株」の上場を認めるほか、新規上場企業の場合は無議決権株だけを上場することも可能にする。

(ここまで)

最近は、株を持っている人も多くなってきているのではないでしょうか??
株を持つと言うことは、すなわち株主になるってことですね。
しかし、株主総会って行ったことありますか??

私も、実は行ったことはないのですが、最近は株主総会もさまざまな工夫がされているようです。
株主総会の会場で、自社製品を配布したり、株主総会の会場の外で出店を開いてみたり、それぞれ自社に興味を持ってもらうイベントをしているようなのです。
イベントやプレゼントが良いとは言いませんが、一般の人が株主総会に行くようになるだけでも、進歩だと思います。

実際に、会社は株式を買ってもらうことで、資金を集めます。
その資金を、安定させるには、やはり自社のファンになってもらう必要がありますよね。
ファンになってもらえば、少しばかり株価が下がってもすぐに売ったりはしないはずです。
そのような視点から見ると、最近の株主総会の変化は、会社にも株主にも良い傾向のように思えていました。

しかし、この無議決権株は、これらの取り組みとは、逆を行く改正ですね。
もっとも、物を言わぬ日本人にはぴったりの販売方法かも知れません。
「資本主義経済のなかで、株を持つと言うことは・・・・」のような難しい話はしませんが、無議決権株を発行する会社は、株主または、外からの意見を聞かない会社のようなイメージがして、あまり印象がよくないような気がします。

昨日も顧客満足度と言う話をしましたが、せっかく会社以外の人から意見を聞くチャンスを、無下に潰してしまうのは、とてももったいないような気がするのは私だけでしょうか??
みなさんは、どのように思われますか??

スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakarurouki.blog114.fc2.com/tb.php/58-232df266
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。