流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

いたれりつくせりの企業研修

0   0

GWも中盤に入りましたが、みなさんはお休みですか??
私は、もちろんお仕事です(涙)

新入社員の方は、入社して初めての大型連休ですね。
『5月病』は、大丈夫ですか??
ぜひ、頑張って『5月病』を乗り切っちゃってくださいね~!!

今回は、新入生にちなんで、新人研修のお話です。
三井住友銀行さんは、とっても素晴らしい研修を行っておりますよ!!

******************
ブログの応援お願いします。
このワンクリックで、ホッシーは幸せになれます!!
↓↓↓
人気ブログランキングへ
↑↑↑
人に与えた幸せは、きっとあなたにも跳ね返えります!!
ツイてるね!!
******************


●4月30日(産経新聞)

三井住友銀行はリテール(個人金融)部門の新入社員を対象とした“新人育成学校”を5月7日に開校する。接客術を訓練する模擬店舗などを設けた専用施設を東京、大阪に新設。半年間、施設での研修と各営業店でのOJT(実地訓練)を繰り返し、銀行員としての基礎を徹底的に教え込む。今春が1800人、来春も2400人という高水準の積極採用に対応し、人材の早期育成と同時に営業店の負担軽減を図るのが狙い。模擬店舗を設けた大掛かりな専用施設による新人教育は大手銀行でも初の試みという。

三井住友銀では従来、リテール部門の新人は入行後、1カ月間の研修を経て営業店に配属。その後の教育は現場に委ねてきた。ただ、バブル崩壊後の不良債権処理の過程で採用を抑制した結果、現場で新人指導を行う20代後半から30代の社員が不足。ここにきての大量採用で現場の負担が増しているという。また、多様化する金融サービスに対応できる人材の育成が急務となっており、教育体制の刷新が必要と判断した。

(ここまで)


確かに、記事にもあるように、不況の影響で人員削減を行ってきた結果、どこの部署もギリギリの人数でやっている会社が大多数だと思います。
新しい人が入ってくると、色々教えて戦力化したいのですが、十分に教育する時間が取れない経験がある人も多いのではないでしょうか??
そんな中、大企業ならではですが、半年かけてじっくり研修をやるという発想が素晴らしいと思いました。

研修のやり方も、研修会場と職場のOJTを2週間交代で行うというのも、とっても良いですね。
やはり、習った事を実践することによって、知識は定着率は大きくなるので、とても良いやり方だと思います。

少数精鋭でやるからこそ、「社員教育」の重要性もますます増してくると思います。
60歳以上の方を、教育係にして、技術の伝承をしていくなど、色々なやり方が出てきています。

銀行業界では、窓口に立つ社員の重要性は、どんどん大きくなってきます。
この研修で育っていく社員の方々が、研修で習った知識や経験を武器にして、今まで以上の顧客満足度を獲得してくれるのではと思います。

「価格競争」時代が終わる中、「サービス」の時代を闘っていくには、やはり「マンパワー」にかなうものはないと思います。


スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakarurouki.blog114.fc2.com/tb.php/57-1de7ea23
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。