流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

H19年 少子化白書

3   0

最近は、少子化の話題は絶えないですね。
巷では、少子化について話し合う「少子化講座」なる物まで出て来ております。
これは、女性の結婚後又は出産後の仕事や家庭についての現実などを、既婚者女性との交流を通じて、考えていく物だそうです。

少子化については、もっと危機感を持って、考えていかないといけないのでしょうね。

さて、今回厚生労働省から、「少子化白書」が出されました。
どのような内容だったのでしょうか??

●11月2日(産経新聞)

政府は2日、少子化の現状と対策をまとめた平成19年版「少子化白書」を閣議決定した。急速な少子化の背景として、女性の7割が妊娠、出産を機に退職している現状に触れ、仕事と子育ての二者択一を迫られる働き方に問題があると分析。「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)」の実現に向けた働き方の改革の必要性を強調している。
 白書では、18年の合計特殊出生率が1・32と6年ぶりに増加に転じたものの、出生数は19年1月から8月までの累計で、前年同期より3076人減少していると明記し、決して楽観できる状況でないことを指摘している。
 少子化の原因として、夫婦が持つ子供数の減少のほか、未婚化や晩婚化、晩産化の進行をあげている。一方、未婚者の9割は「いずれ結婚したい」と考えていることなどに触れ、「国民の結婚や出生行動に対する希望と実態とのかい離を解消することで、少子化の流れを変えられる」とした。
 また、意識改革も重要とし、今年から11月第3日曜日を「家族の日」と定め、その前後各1週間を「家族の週間」として家族の大切さを理解する取り組みも行うとしている。

(終わり)


確かに、この前「合計特殊出生率が上がった」と言う内容の記事を見たと思ったのですが、率自体は上がったのですが、数自体は上がっていなかったのにはびっくりしました。
まさに、数のマジックですね(笑)

実際に、色々と調べてみると、第一次ベビーブームである1947年の合計特殊出生率は4.54%でした。
そして、長期的に人口を維持できるといわれている水準は2.07%と言うことです。
現在の水準が、1・32%ですので、どれだけ大きな問題化が伺えるかと思います。

少子化で一般的に言われているのは、「長時間労働」、「仕事の問題」、「生活水準の問題」などが多いかと思われます。
自分自身で考えてみると職業柄、「生活の多様化」がメインですかね。
製造、販売、サービスなど、土日が仕事の会社って、意外と多くなってきているように思います。
それらの会社では、本部関係も土日交代制で出勤している会社も多くなってきています。
そうなってきますと、休日も違うし、労働時間は長いしでは、なかなか結婚までいかないのではと思いますね。
ちょっと、愚痴が入ってしまいましたかね(笑)

政府の少子化に対する援助は、とってもありがたいものですね。
今、力を入れているのは、保育施設の確保だそうです。
県営や市営の保育施設は、お役所仕事どうり18時には終わってしまい、それまでに仕事が終わらない、なんて話も聞いたことがあります。
これらの仕事こそ、退職した方などに頼んで(シルバー人材など)、ワークシェアリングすることによって、時間が延ばせないのかと思ってしまいます。

「ワーク・ライフ・バランス」
取り組みは、まだまだ始まったばかりですが、これからの日本が本当の意味で住みやすい国になってくれればと思います。


☆時間があれば
国立社会保障・人口統計研究所 少子化情報ホームページ

http://www.ipss.go.jp/syoushika/syindex.asp



みなさんの応援が元気の源になります~!!
応援よろしくお願いします










スポンサーサイト

SHARE

-3 Comments

信頼の社労士 says..."少子化は ”男性の意識改革”が必要"
ワークライフバランス、これを企業が真剣に考える時期に来ていると思います。
併せて、”男性の意識改革” も必要でしょう。

1年以上前ですが、ブログでこんな記事を書きました。ご参照ください。
http://oda-office.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_88fb.html
2007.11.03 23:53 | URL | #- [edit]
nobu says...""
最近、小さなお子さんを連れたお母さんをよくみかけるので、
合計特殊出生率の上昇は、何となくわかるような気がします。

それでも、人口の減少を食い止めるには、仕事もプライベートも
充実できる仕組みをもっとすすめていく必要があると思ってます。
2007.11.04 19:33 | URL | #- [edit]
ホッシー says...""
☆信頼の社労士さん

信頼の社労士さんのブログ読ませていただきました。
男性の本当の意味での意識改革、気がついているようでこのように記事にして書かれると、自分の意識の薄さが分かったような気がします。
最終的には、私たち男性がいかに意識を変えられるかなのですね。
とっても、勉強になりました。
御紹介、ありがとうございます。

☆ nobuさん

仕事とプライベートを維持するのは、とっても大変ですね。
今は、仕事かプライベートかですよね(笑)
休日の問題や残業の問題など、もっと突き詰めて1つ1つ問題を解決して言って欲しいと思っています。
プライベートまたは、仕事が充実すれば、もう一方も充実してとっても良いと思うんですがね。。。
2007.11.07 00:39 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakarurouki.blog114.fc2.com/tb.php/44-ece3c371
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。