流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

厚生年金 事業主着服分を保障

7   0

今日の話題は、厚生年金についてです。

会社に勤めている人は、第2号被保険者になり厚生年金を払うことになります。
この厚生年金を払うことによって、必然的に国民年金も払った期間にしてくれるのです。
それなので、厚生年金を払っていないと、国民年金も払っていない期間になってしまい、将来とても大変なことになってしまいます。

以前から、厚生年金を給料天引きされているのに、実際は事業主が厚生年金を社会保険庁に納めていない事件が問題になっていました。
しかし、今まではそれについて、被保険者についての救済策はありませんでした。
今回、その救済策が検討され始めています。
その内容とは、どのような物なのでしょうか??

●10月31日(毎日新聞)

自民、公明両党は31日、事業主に厚生年金保険料を着服され、結果的に未納となって給付を受けられずにいる人への給付を可能にする厚生年金補償特例法案を了承した。2日にも衆院に提出する方針。

保険料をさかのぼって徴収できる期限は2年だが、同法案は、時効後も社会保険庁が未納企業に納付を「勧奨」し、企業側も任意で追加納付ができるようにする。当該企業が期限内に納めないと事業主の氏名を公表する。その後も納付されなければ、未払い分に相当する年金給付を税でまかなう。任意納付に応じる企業は少ないと予想されるため、「事実上税金で悪質企業を放免する法案」との批判が与党内にもある。

総務省の「年金記録確認中央第三者委員会」は、本人が保険料を納付したものの企業が国に納付せず、新な立法措置がないと救済できないケースが、今月28日現在で231件あるとしている。これらの件数などを根拠に政府は最大12億円程度の財源が必要と見込んでいる。

(終わり)


少ない給料の中から天引きされる、社会保険料(厚生年金や健康保険の保険料)は、サラリーマンにはとっても重くのしかかってきています。
そんな中、まじめに払っていると思っていたのに、実際は事業主が払っていなかったと言う問題は、本当に許せない物だと思います。
それなので、今回これらの人々が救済されるようになって本当に良かったとは思います。

しかし、その半面で、厚生年金の保険料を着服した会社に対しての罰が、企業名を公表することだけなのが納得いきません。
しかも、国の予測でそれらの企業が任意納付に応じない予測が出ているのが、とっても残念に思います。

個人間でこのようなことがあったら、「詐欺罪」に該当するのではないかと思います。
それを、会社だからと言って、企業名の公表だけで済ましてしまって良いのでしょうか??
もう少し、重い刑罰を適用して、強制的にでも払って欲しいと個人的には思います。

着服された被保険者の方々には、罪はありませんので、税金の投入をしてでも救済することは、必要だとは思います。
しかし、着服した企業への罰則を重くすることを話し合ってもらわないと、我々納税者も、着服された人も、納得がいかないのではないかと思います。
国には、もう少し重い処罰を期待します。


みなさんの応援が元気の源になります~!!
応援よろしくお願いします





スポンサーサイト

SHARE

-7 Comments

ばななぷりん says...""
とうとう!って感じですね。
しかし、
<本人が保険料を納付したものの企業が国に納付せず、新な立法措置がないと救済できないケースが、今月28日現在で231件あるとしている。

ホンマかいなと思います。2桁少ないんじゃないかと。根拠は示せないけど。
社員を税金で救済するのは賛成です。
3ヶ月ほど前の新聞では、“「宙に浮いた年金」は救済するが、企業で止まった「国に納付されてない年金」については今回は保留”とされていましたから。

悪意で企業が着服したり、天引きはしているけど払えなくて、運転資金に、そしてずるずる倒産…、なんていうケースは多いと思います。
社員がそれを知っていたら、確認申請ができて救済されるけど、社員が知らない場合がほとんどでしょうし。

悪質な企業からは、国税滞納処分の例によって強制的に徴収すればいいと思いますがいかがでしょう?
2007.11.01 19:41 | URL | #- [edit]
メリコ says...""
確かにずるい会社はありますね。公表だけなんてちょっと均等法に似てますが、これから変るのではないでしょうか☆
2007.11.01 21:21 | URL | #- [edit]
メリコ says...""
確かにずるい会社はありますね。公表だけなんてちょっと均等法に似てますが、これから変るといいと思います☆
2007.11.01 21:21 | URL | #- [edit]
さっさん says...""
確かに、事業主の不正を税金で補填してくれるのは、
今までマジメに年金を支払ってると信じてた人を
救済してくれものとしては、ありがたい制度だと思いますね。

ただ、会社名公表のみ???
それじゃ意味ないでしょ。v-12
事業主から、何としてでもふんだくる方法ないのかな。。
取立屋さんしかないのかな?(笑)
2007.11.01 23:14 | URL | #- [edit]
nobu says...""
この問題は、以前から気になっていたんですよ。

確かに、被保険者は救済されるようですので、
一安心かと。

でも、事業主の責任がより重く問われなければ、
今後も同じことがおきかねない気がしてます…。
2007.11.01 23:23 | URL | #- [edit]
ちびうさ says...""
あら、こんな案が検討され始めたのですね・・・
うひゃ~ 世間に取り残されてますv-356
ココでじっくり情報収集させて頂きます!!
2007.11.02 18:58 | URL | #- [edit]
ホッシー says...""
☆ばななぷりんさん

ばななぷりんさんが言うように、企業の数はとっても少ないように思いますね。
全国で231件は、ないですよね。。。

つぶれてしまった企業からは取れませんが、いまだ存続している企業が、企業名の公表だけで終わってしまうのは、とっても残念です。
これでは、抑止効果がまったくないですよね。。。

☆メリコさん

確かに、均等法も企業名の公表だけですね。。。
先日、やっとセクハラ規定などが、努力規定から義務規定になったばっかりですからね。
これらの違反に関しては、もっときちんと取り締まって欲しいものですね。

☆さっさん

やはり、最終的には正直者は救われないと、「信用」は取り戻せないですよね。
その点では、被害者の方が救済されて、本当に良かったと思っています。

取立てや、良いですね~。
マルサみたいに、保険料の取り立ても、ある程度強制力を持たせないと駄目ですね。

☆ nobuさん

企業名の公表は、確かに信用問題には関わりますが、それがどれほどの威力を発揮するかは、・・・・ですよね。
大企業ならともかく、これらの違反を犯している会社は、中小企業が多いと思いますので尚更ですね。
これからの話し合いで、もっと強制力を持たせるように、変わって行って欲しいと思っております。

☆ちびうささん

まだまだ、話し合いが始まったばかりで、決定事項ではないので大きくは取り上げられていないのではないでしょうか。
年金関係には、特に目を光らせて、話題を集めて行きたいと思ってますので、色々と御意見もくださいね。
お待ちしています!!
2007.11.03 03:53 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakarurouki.blog114.fc2.com/tb.php/43-39c79eca
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。