流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

毎月1回払ってくださいー賃金編③ー

前回までで、賃金は「通貨で」、「直接」、「全額を」、払わなくてはならないところまで、やってきましたね
今回は、賃金の5原則の最後の2つを見て行きたいと思います。

賃金は、「毎月1回」支払わなければなりません。
「半年分上げるから、6ヶ月頑張ってね!!」とか、「給料6ヶ月分まとめて払うから、もうちょっと待ってね!!」って言われたら、どっちでも困っちゃいますよね(^^;
なので、賃金は1ヶ月に1回払ってくださいと、労働基準法に規定しています。
しかし、これにも例外があります。

何だと思いますか??


それは、退職手当などの「臨時に支払われる賃金」と賞与です。
これらは、もともと、1ヶ月に1回支払うものではないので、例外とされています。


最後は、賃金は「毎月一定の期日」に、支払われなくてはなりません。
先月の給料は「15日」に貰ったのに、今月の給料は「翌月の1日」とかにもらったら、大変ですよね~。
いや、「1ヶ月に一回給料払ってるよ!!」って、いわれてもね・・・・。
貰ったときは、いっぱい貰えてうれしい気分になりますが、次の給料日までが怖いですね。。。
それなので、労働基準法に定められています。

これも、例外がありますが、上にあります例外と、まったく一緒になっておりますので、同じとお考えください。

どうでしょうか??
賃金と言っても、これだけ色々と決まりがあるんです。
とっても、面白いですね!!

次回は、残業について見て行きたいと思います。


ブログランキングに登録しております!!
応援よろしくお願いします






あとがき

今、実家に帰ってきています。
実家って、とても良いですね!!
たまに帰ってくるので、何でもやってくれるんですよね~。
こんな日が、続けば良いんですか・・・・。

今回の問題です!!

今話題の「年俸制」これって、今日のテーマの「毎月1回払い」としたら、どのように扱われるのでしょうか??

①一括で払われる

②やっぱり、年俸を12分割して支払う

さて、どちらでしょう??
解答は、次回の「あとがき」で発表します。
お楽しみに~!!

スポンサーサイト

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。