流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

売上が良い店舗の特徴は??

0   0

みなさん、こんにちは。
「紙一枚」マネジメントの星野ハジメです。


最近、駅中にあるコンビニが、
JRのコンビニから、
セブンイレブンに変りました。


JRのコンビニ時代は、
なんだか暗い感じの店舗で
人を寄せ付けないイメージがあるお店でした。


それがセブンイレブンに変ってからは、
お店は明るい感じになり、
いつもお客様が出入りしている
店舗になりました。


いくらセブンイレブンでも、
この立地では難しいと思っていたので、
この繁盛ぶりには驚きました。


同じ立地、同じコンビニ業態なのに、
運営が変わっただけで
なぜこれほど変わるのでしょうか??



街並み




色々な店舗を見てきて思うのは、
売上が上がる、上がらないかは、
最後には「人」の問題なんだなと
思うわけです。


売上の上がっているお店は、
マネージャーが自ら、
お店の基準を作っていきます。


・接客のレベルであったり
・掃除のレベルであったり
・事務仕事のレベルであったり


それを部下が見ることによって、
「このレベルで
仕事をしないといけないんだ!」
と知り、マネージャーの基準が
お店のスタンダードになっていきます。


お店の基準が上がってくると
マネージャーは部下の成長を
肌で感じるが出来るようになります。


また、お店の基準が上がってくると
売上が上がってくるため、
部下は自分たちの働きの結果が
目で見ることが出来るようになります。


そうすることで、
マネージャーも部下も
モチベーションが上がり、
ますます良いお店になっていくのです。


「やってみせ、言って聞かせて、させてみて
ほめてやらねば、人は動かじ」
と言う山本五十六の名言も
「やってみせ」から始まってますよね。


まずはマネージャーが、
行動で示すことが大切になります。


★11/12(土) 「16分割メモ」が使えるようになる3時間                                            「紙一枚」かんたん思考整理術                                   ★無料ステップメール                                        「紙一枚」で仕事基礎力を鍛える7日間
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakarurouki.blog114.fc2.com/tb.php/240-6872052f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。