流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

ドリルを売るには穴を売れ!

0   0

みなさん、こんにちは。
「紙一枚」マネジメントの星野ハジメです。


マーケティングの世界には、
「ドリルを売るには穴を売れ」
と言う言葉があります。


方眼ノートを書く時にも、
この言葉はとても重要になります。



ドリル



新幹線で東京に向かう途中に
外を見てみると、
使われていない農地に
太陽光パネルが並んでいたんです。


農地の上に太陽パネル。


みなさんは、どのように感じますか??


私はすごく違和感を感じたのですが、
太陽光パネルの横の看板に
「ソーラーファーム」と書いてあるのを見て、
「なるほど!!」と思いました。


この畑は作るものが
「農作物」から「電気」に変りましたが、
作ることによって生産者が得られる
「一般家庭に喜んでもらいた」という目的は
今も昔も変わらないんだろうなと感じました。




方眼ノート講座の受講生に
ノートを見せてもらった時に、
必ず聞く一言があるんです。


「このノートをとることで、
どんな成果がありましたか??」
と言う一言です。


なぜ、この一言を聞くかと言うと、
「方眼ノートを書くこと」が
目的になってしまう場合があるからです。


方眼ノートを書くことは、
「手段」であり「目的」ではありません。


「気づき」や「行動」を見つけるために
方眼ノートを書き、
実際に行動をして一歩先に進むことが
大切なわけです。


農作物も作ることが目的でなく、
・美味しい野菜を食べて欲しい
・安全・安心な野菜を食べて欲しい
という目的のために作るわけですよね。


「自分がこれから何のために
方眼ノートをとるのか??」


このことをしっかりと思い浮かべることで、
方眼ノートの価値は、
1000万円にも1億円にもなります。


★11/12(土) 「16分割メモ」が使えるようになる3時間                                            「紙一枚」かんたん思考整理術                                   ★無料ステップメール                                        「紙一枚」で仕事基礎力を鍛える7日間
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakarurouki.blog114.fc2.com/tb.php/233-527ae3cd
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。