流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

プレゼンの内容が1枚に収まらなくて困ってます

0   0

こんにちは、
「紙一枚」マネジメントの星野ハジメです。


「紙一枚」のセミナー受講生から
「プレゼンの内容が1枚に収まらない」
という相談をよく受けます。


この場合、1枚に収めた方が良いのでしょうか?
1枚に収めなくていいのでしょうか?



方眼ノート⑨



先日、電車の中から外を眺めていると、
線路内に大きなアジサイが咲いているのに
気が付きました。


毎日の電車からの風景ですが、
この場所にアジサイがあるのに
始めて気が付きました。


その大きさから何年もの間、
この場所に咲き続けていることが
想像できました。


長い年月をかけて、
アジサイは今の美しさを
手に入れたわけです。


それを見ていて、
「紙一枚」と一緒だなと思いました。


「紙一枚」と聞くと、
「1枚に書くんですよね!」
と言われることが多くあります。


でも実際には、
1枚書くだけで問題が解決することは
少ないです。


この「紙一枚」と言うのは、
「1枚の紙」に書くことではなく、
「1枚にまとめる」と言うことなんです。


1つの問題について、
1枚書いて、
2枚書いて、
・・・・・、
・・・・・。


何枚も書いたものを、
最終的に1枚にまとめていく。


この過程を経ることで、
考えに考え抜いた1枚が出来上がり、
何枚にも渡って考えてきた内容が
1枚にきれいに収まることで、
内容に無駄がなくなり、
「紙一枚」を見たときに
相手に伝わるレベルになっているのです。


初めから1枚にまとめようと思っても、
考えが浅かったり、
まとめられなくて中途半端になってしまい、
良い物が出来上がりません。


まずは、「紙一枚」の型を使って、
何枚か書いてみて、
それを1枚にまとめるようにしてみてください。


その作業を繰り返すことで、
少ない枚数でまとめられるようになり、
少ない枚数でも内容がまとまった
1枚を書くことが出来るようになります。


★11/12(土) 「16分割メモ」が使えるようになる3時間                                            「紙一枚」かんたん思考整理術                                   ★無料ステップメール                                        「紙一枚」で仕事基礎力を鍛える7日間
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakarurouki.blog114.fc2.com/tb.php/222-3c8e96b1
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。