流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

「仕事」も「プレゼン」も大切なのは「他人目線」

0   0

こんにちは、
「紙一枚」マネジメントの星野ハジメです。


ノートには2種類のノートがあります。


1つは「自分のため」にとるノートです。
1つは「他人のため」にとるノートです。


2つのノートには、
どのような違いがあるのでしょうか??



プレゼン資料



先日、マクドナルドで食事をしていた時に、
トレーの上に目をやると、
求人広告が出ていました。


この求人広告が、
とても良かったんです!!


何が良かったのかと言うと、
マックで仕事をすると
お金以外にどのようなことが手に入るか、
アルバイトの言葉で書かれていました。


それなので、
すごく伝わるんですよね。


これを見ていて、
まさに「方眼ノート」で私たちが
目指すところだなと思いました。




「紙一枚」の型の1つに、
方眼ノートがあります。


この方眼ノートですが、
誰のためにノートをとると思いますか??


多くのノートは「自分のため」に
ノートをとりますが、
方眼ノートは「人のため」に
とるノートなんです。


・〇〇さんに成功して欲しい
・〇〇さんに幸せになって欲しい
・〇〇さんの助けになってあげたい


このような思いを込めて、
全力で1枚書いていきます。


それなので、1枚書き終わると、
ぐったりすることもよくあります。


それだけの思いを込めて
書き上げた1枚だからこそ、
書き上げた1枚を相手が見た時に、
相手に伝わるのです。


マッキンゼーやボストンなど、
外資系コンサルタントが
方眼ノートを使ってビジネスプランを
考える理由もここにあります。


キーワードは、
「人のために書く」ことです。


みなさんのプレゼン資料や企画書は、
主語が自分になっていませんか??


「人のために」書いていくと、
結果が大きく変わります。



★10/1(土) 「紙一枚」の本質が学べる                                            【認定】はじめての方眼ノート《プレミアム体験会》                           ★無料ステップメール                                        「紙一枚」で仕事基礎力を鍛える7日間
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakarurouki.blog114.fc2.com/tb.php/220-3b9f9d74
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。