流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

ビジネスは一貫性が大切!

0   0

こんにちは、
「紙一枚」マネジメントの星野ハジメです。


ビジネスで大切なのは、
「誰に」、「何を」、「どのように」
提供するのかですよね。


そのことを考えさせられる
出来事がありました。



方眼ノート⑦




先日、リニューアルした雑貨店に
買い物に出かけました。


リニューアルオープンと言うことで、
お買い得商品を探しに言ったのですが、
お買い得商品が全くないんです。


そのかわり生活シーンに合わせて
商品を綺麗に陳列しているので、
周りのお客様は、
定価の商品を購入していました。


この状況を見て、
「セール=安い」と言うのは、
私の思い込みなんだなと思いました。




商品を提供するには
大きく2通りの方法があります。


価格訴求と価値訴求です。


価格訴求は、
1,000円均一や30%引きなど、
安い価格で提供する事。


価値訴求は、
商品の良さや強みをアピールして
提供する事です。


価格訴求よりも価値訴求の方が、
良いイメージがありますが、
個人的にはそうは思いません。


なぜならビジネスは、
「誰に」、「何を」、「どのように」
提供するかで決まるからです。



安くて手頃な商品が欲しい
お客様も居れば、
高くても安心な商品を欲しい
お客様も居るわけです。


価値訴求なのか価格訴求なのかが
大切なのではなくて、
「誰に」、「何を」、「どのように」
の軸が一貫していて
ずれていないことが大切になります。



例えば、
商品が安いのに
価値訴求をしようとして
店員を多く配置していたら、
経費倒れになるでしょう。


逆に、
商品が高いのに店員を置かず、
誰も商品の良さを伝えなかったら、
商品は売れずに倒産するでしょう。


このように、
「誰に」、「何を」、「どのよに」
の一貫性が崩れると
商売が上手くいかなくなるのです。


みなさまのビジネスの
「誰に」、「何を」、「どのように」
は一貫性が取れていますか??


ぜひ、自分のビジネスで考えてみてくださいね!



★10/1(土) 「紙一枚」の本質が学べる                                            【認定】はじめての方眼ノート《プレミアム体験会》                           ★無料ステップメール                                        「紙一枚」で仕事基礎力を鍛える7日間
スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakarurouki.blog114.fc2.com/tb.php/218-981a2b11
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。