流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

外食業界にツイッター導入

0   0

みなさん、ツイッターを御存じでしょうか??


ツイッターホームページ


短文を打ち込む、ブログとメールの間の新しいコミュニケーション手段です。


私は、登録はしているのですが、使い方が分からず放置していますが、巷ではユーザー数がどんどん増えてきているみたいですね!!


ちなみに、私はここにいますので、よろしければお友達になってください(笑)




ソフト開発のウィンワークスは、このツイッターを使って、販売員に出勤要請ができるサービスを始めるとのことです。


システム導入時に、色々な店舗情報をシステムに入れ込み、来客に合わせた効率的な人員配置を、コンピューターがはじき出します。


その人員配置に合わせて、人員をツイッターで募集します。


それを見て、従業員が、自分の入りたいシフトの希望をツイッターを経由して返信し、その希望に応じて、人員調整をするというものです。


また、ツイッターの特性を生かして、急な出勤要請や、シフト変更なども、ツイッターを使って一斉に送れるのは、本当に便利だと思います。




とっても、効率的ですよね。


システム導入で、2割前後の人件費を削減できるとのことです。


確かに、社員はともかく、パートさんやアルバイトさんのシフトって、無駄な時間があったりしますよね。


早番の人と遅番の人が被る時間などがあり、あんまり忙しくない時間に人が集中していたり。。。


その点、パソコンが、効率的な人員配置シュミレーションを出してくれるのは、とてもありがたいと思います。




その反面、契約はどのようになるのか、とても興味があります。


やはり、こちらの意向だけでなく、パートさんの意向もあり、契約をしています。


本当はあと1時間減らしてほしいと思っていても、そのほかの面で向こうが妥協してくれているから、折り合いをつけて契約していることも多々あります。


そして、契約は基本的に「月・水・金の10:00~15:00」のように管理するのが、通常だと思います。


この場合は、月の全体の時間で契約書を結んでいるんですかね??


私から見ると、とても斬新なので、色々と疑問が出てきて、考えるのが楽しいです(笑)




シフトなどは、デジタル化出来るなら、そうした方が良い分野だと思います。


デジタル化して、空いた時間を、接客の教育やお客様へのサービスに時間を使えば、間違いなく売り上げは伸び、顧客は増えると思います。


そういう意味でも、とても注目すべきサービスだと思いました!!

スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakarurouki.blog114.fc2.com/tb.php/187-190ba800
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。