流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

確定拠出年金 移管してますか??

0   0

今日は、○○商事のこんな一コマです。




○○商事に勤めているAさんは、このたび結婚することになり、○○商事退職することになりました。


○○商事は、確定拠出年金に加入しています。


人事部のBさんは、Aさんの退職の関わる書類をまとめているときに、確定拠出年金のことについて思い出し、Aさんの所に行きました。


B:「Aさん、このたびは結婚おめでとうございます!!」


A:「ありがとうございます!!

今まで、お世話になりました。」


B:「退職するときに気をつけてほしいことがあるんですけど。」


A:「どんなことですか??」


B:「うちの会社、確定拠出年金に入っているのは知ってますか??」


A:「あ~、そんなこと言っていましたね(笑)」


B:「実は、会社を辞めたあとなんだけど、自分でやってほしいことがあるんです。」


A:「どんなことでしょうか??」


B:「確定拠出年金は、銀行口座みたいに個人の仮想の口座があるんです。


そして、その口座に会社が毎月掛け金を入れたり、Aさん自体が運用したりしてたんですよ!!


A:「そうなんですか??まったく、知りませんでした。」


B:「それで、退職するときに、会社が管理していた仮想の口座から、自分で管理する口座に今までの確定拠出年金を移さないといけないんです。」


A:「何か、とっても難しそうですね。。。

私、そんなこと自分でできますか??」


B:「大丈夫です!!

口座を移すための申請の仕方や、申請用紙が送られてくると思うので、6か月以内に必ず用紙を送り返してくださいね。」


A:「それなら安心です!!

教えて下さって、ありがとうございます!!」


良くある(と思われる)、退職や転職をする際の一コマです(転職は、他のパターンもありますので注意してください)。


さあ、Aさんは、ちゃんと手続きをしたのでしょうか(笑)




2008年度末で、上記の仮想口座を移していない人が、16万人、369億円に登るそうです。


凄い人数ですね~。


「きちんと説明してないから手続きをしていないんじゃないの??」と思われた方もいるかと思います。


でも、基本的には、退職・転職した場合は、すぐに仮想口座を移す用紙が送られることになっています。


さらに、移す期限である「6か月を経過する」際に、再び仮想口座を移すように書類を送るようになっています。




この口座を移していないとどうなるのか??


1つ目は、毎月50円の手数料が引かれます。


2つ目は、確定拠出年金の加入期間になりなせん。




特に2つ目が重要です。


確定拠出年金は、基本的には10年以上加入していないともらえません。


仮想口座を移していれば、何もしなくても加入していた期間とみなされます。


しかし、仮想口座を移していないと、加入していない期間とみなされます。


そうなると、将来、これらの確定拠出年金をもらえない恐れも出てきてしまうんです。




今騒がれている、消えた年金とは、事情が違います。


何と言っても、最低でも2回は、注意文が届いているわけですから・・・・。


自分の貴重な年金です!!


ぜひ、大切にしてくださいね。


思い当たる節のある方は、国民年金基金連合会 へお問い合わせください。

スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakarurouki.blog114.fc2.com/tb.php/160-e0cb4269
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。