流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

ホッシー労災にあう その3

0   0

労災には、1つ大きな壁があります。


まずは、○×スーパーでのやり取りを見てみてください。




Aさん:「社長、冷凍庫で作業をしていたのですが、積み上げていたダンボールが崩れてきて、手を強打して痛みが治まらないんですけど・・・・。」


社長:「それは、大変だったね。大丈夫かい??」


Aさん:「やはり、痛みがすごいんで、病院に行きたいんですけど、よろしいでしょうか??」


社長:「病院・・・・。」
    「労災扱いにするの??」


Aさん:「仕事中の怪我ですし、労災なら治療代が全部出ると聞いたので、労災でお願いしたいんですけど・・・・。」


社長:「・・・・。」


今月は、繁忙期と言うこともあり、通常より忙しいのが裏目に出てか、既に3人が労災扱いで療養をしていました。


そんな中での、Aさんの事故。


社長は、出来れば労災扱いにしたくないと思っています。


Aさん:「今回の件は、労災にはならないんですか??」


社長:「見た感じ、大したことないような感じだから、労災にはならないと思うから、保険証持って病院いってくれないかい??」


Aさん:「え~~、そうなんですか・・・・。
     でも、社長がそういうなら、しょうがないのでそうします・・・・。」




あってはいけないのですが、普通に会社でありえそうなお話ですね。


このなかで、間違っていることは、「社長が労災ではなく健康保険で病院に行くように言っていることです」。


これに関してのポイントは2つあります。


・労災または、健康保険は選択??

・会社が労災を認めないときの対応??


です。




まずは、労災と健康保険の関係です。


労災と健康保険は、当事者または会社がどちらかを選択するものではありません。


風邪などの普通の病気の場合は「健康保険」、仕事中に負った怪我などは「労災保険」と決まっています。


骨折などで病院にいったときに、先生に「仕事で骨折したんですか??それとも、遊んでて骨折したんですか??」と聞かれるのは、労災を使うか健康保険を使うかを確認しているんです。


なので、今回のように仕事中の事故は、労災を使わないといけない決まりになっています。




ポイントの2つ目、会社が労災を認めてくれない時のお話です。


労災保険は、その事故が労災か労災じゃないかを決めるのは、労働基準監督署になります。


会社が、労災か労災じゃないかを決めるのではないんです。


なので、会社が駄目といったから労災は出ないということはありませんので安心してください。


もし、どうしても、労災保険を使いたい場合は、自分で直接労働基準監督署に労災の申請書を出すことも出来ます。


ただし、直接出すのは、お勧めは出来ません。


会社との関係が悪くなれば、「地方への転勤」や「配置転換」、などの嫌がらせを受ける可能性もあります。


やはり、どうしても労災を使いたい場合は、諦めずに会社と話し合いをして、労災にしてもらうのが最善の策だと思います。



次回は、なぜ、会社は労災にしたくないかを、見て行きたいと思います。

スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakarurouki.blog114.fc2.com/tb.php/155-73666459
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。