流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

将来世代 1億円超の支払

0   0

生涯の税金や社会保険料の負担と、社会保障を受ける額の差が世代間によって大きく広がっているようです。


これから生まれる世代が負担する金額は、1億円にも達するとのことです。


1億円って・・・・、すごい額ですね。


金額の比較が難しいので、世代別に生涯の所得に対する負担の率を書いてみますと、


80歳以上・・・・もらう額が上回る

30~60歳・・・・7~8%

それ以下・・・・16.7%

これから生まれる世代・・・・51.4%


となるそうです。


年代の分け方が、かなり大きなくくりで分けているので、上記の数字とだいぶ違う世代も多くなるとは思いますが、大体の負担割合は分かりますね。




言うまでもなく、これから生まれてくる世代の負担割合は、とても大きいですね。


今の税金や社会保険料の支払いさえ、だいぶキツイですよね。


そう考えると、きっとこれから生まれてくる世代は、この税率ではやっていけないと思います。


それか、税金などで行われるサービスの質が落ちるということですよね・・・・。




この負担を不公平感を減らすのは、幅広い層から徴収できる消費税が良いとのことです。


日々の生活に与える影響が強いので、あまり消費税のアップは歓迎できませんが、これらの問題を見ていると消費税のアップはしょうがないのかとも思ってしまいます。


何よりも、将来の財源が足らないのは明らかなので、今から自分なりに対策をしていかないといけませんね!!

スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakarurouki.blog114.fc2.com/tb.php/150-d5e7d6c0
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。