流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

裁判員制度とどきましたか??

1   1

先日、裁判員制度の候補者の通知が行き渡りましたね。
みなさんは、いかがだったでしょうか??

私のところには、来ませんでしたkao06
嬉しいような、悲しいような、複雑な気分ですね汗

新しく始まる制度なので、ぜひ、参加してみたいと言う気持ちはすごくあります。
百聞は一見にしかずではないですが、やりもしないで「ああだ、こうだ」は言えないですよね。
それなので、実際にやってみて、その上で色々と意見をしてみたいと思っていました。


しかし、たまたま、自分が選ばれた裁判の判決が「死刑」だったら・・・・。

このようなことがあり得るのなら、やはり裁判員制度には参加したくないと思ってしまいますぱんだ
被告がどんなに酷い事をしたとしても、『私自身が他人の命に関する選択をすること』は、出来ないと思っています。
ですから、きっと死刑には賛成しないと思います。

しかし、私一人の意見は通らず、結局はその刑が言い渡されてしまったら・・・・。
自分自身も罪の意識に駆られると思います。


死刑と言う極端な例を出してみました。
でも、「死刑じゃなかったら良いのか??」って、いう話にもなりますよね。

事件に大きいも小さいもない!!

と、青島刑事も言ってました。

人を裁くのに、感情論だけで裁かないように、「法律」があります。
そして、その法律を遵守するために、裁判官がいます。

私たち、法律も知らない素人集団が、これからの司法にどのような影響を及ぼすかと思うと、ちょっと怖いような気もします。。。
みなさんは、どのように考えておられるでしょうか??

スポンサーサイト

SHARE

-1 Comments

スキャルパー says...""
はじめまして!
すてきなブログですね。

私は投資系サイトをやっています。
よかったら一度、遊びに来てください。
2008.12.14 08:43 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。