流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

里親制度で退職率を下げろ!!

0   0

最近の新入社員が3年以内に辞める率は30%と言われています。
この数字、皆さんはどう取りますか??


この辞めた人の中には、

①他にやりたいことがあって辞める
②ただ仕事が嫌で辞める

と、大きく2つに分けられるような気がします。


①の人は、目標があるのでしょうがないとして、問題は②の人ですね。
これらの人は、更に分ければ色々な問題があり辞めているのでしょうが、思いとどまらせることもできたのではないかと思います。

そんな中、1つの新入社員を辞めさせない取り組みを見ていきます。


●里親制度による退職の防止

この会社では、会社内に疑似の里親制度を作っています。
里親制度の構成は、

・3年以上 1名
・2年以上 1名
・1年未満 2名

というのが、基本の構成になっています。


同じ部署からは里親を作らないで、違う部署の人の集まりにします。
それは、ご想像の通り、相談しやすい環境を作るためです。

また、月に1回は里親会議の日を作り、仕事より優先で決まった時間に帰るようになっています。
そして、その里親会議の食事代は1人3000円まで会社が負担をします。

チューター制度に似ていますね笑い。


これにより新入社員は、時には先輩社員からアドバイスをもらい、時には仕事の失敗を慰められ、頑張っていくということなのです。
また、2年目、3年目の里親になた先輩も、将来の部下とのコミュニケーションの取り方に役立つでしょう。

私なんかも、嫌なことがあると同期と飲みに行ったり、上司に飲みに連れて行ってもらったりしていました。
そういうストレスの発散場所があったので、今年で10年になりますが1つの会社に勤めてられるのだと思います。

今は、新入社員もそれほど多くないので、同期も少なく飲みに行く機会も少ないのでしょうかね??
また、コミュニケーションをうまくとれない若者も多いと聞いています。
私個人の意見としては、なんで会社がここまでしないといけないのかという、意見もごもっともだと思います(笑)


採用から教育に掛る費用を無駄にしないためにも、なんだかの手段は必要なのではないでしょうか??
そのために、少なからず会社が愚痴を言える環境を整えてあげることは、とても有効だと思います。

スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakarurouki.blog114.fc2.com/tb.php/141-4ef4f748
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。