流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

熊野古道を行く⑦ 川湯温泉~熊野那智大社

0   0

川湯温泉~熊野川下り~熊野速玉大社~熊野那智大社


長かった熊野古道への旅も、今回が最後になります。
今日が最後かと思うと、ちょっと寂しくなってきました。。。
最後の熊野古道編をどうぞお楽しみください(^^)v


ブログの応援お願いしますキラキラ
ダウン


にほんブログ村 士業ブログへ

皆様思いが届きました!!今日もありがとうございますjumee☆SaturdayNightFeverL



10月9日(木) その2

バスを乗り継いで、あの有名な大門坂にやってきました。
大門坂の下のお店では、昔ながらの衣装を貸してくれて、それで熊野那智大社めぐりができるようになっております。
私は、その光景に出合えなかったのですが、結構多くの人が着替えているみたいです。

大門坂はこんな感じです。


大門坂


ある意味、ガイドブックの写真そのままの風景なので、皆さんがイメージする熊野古道のイメージに一番近いのではないかと思います(笑)

熊野那智大社までは、大門坂を上がっていくと、結構登ります。
今日は、そんなになるかないだろうと普通の格好をしていたのに、上がりきったら汗だくになってしまいました(^^;

上がりきると、お土産屋さんや食べ物屋さんがいっぱい広がります。
その中でのお勧めは、那智大社表参道にある「清流亭」です。
ここの梅ジュースは美味しいと、ネットでも評判だったので、早速寄ってみました。


梅ジュース


梅ジュース、「うめ~!!」




・・・・・。



・・・・・。




・・・・・。




スイマセン。。。
皆様の殺気を感じました(笑)

本題に戻って(笑)
せっかくなので、和菓子もいただきました。
梅ジュースは、蜂蜜が入っており、疲れをいやしてくれるとっても美味しいジュースでした。
和菓子も美味しいですし、ここで試食でいただいたわらびもちが、とっても美味しかった!!
以前は奈良に住んでいましたし、京都にも良く出かけてわらびもちは食べていますが、それらと比べてもここのわらびもちは絶品でした。
行かれた方は、ぜひ、試していただければと思います。

寄り道も早々に、ついに熊野那智大社に到着です。
ついに、熊野三山の参拝が終わりを告げるわけです。
感慨深い気分に浸りながら、熊野那智大社に参拝いたします。

お約束の御朱印です。


那智大社 朱印



そして、こちらもお約束のお札です。



那智大社 お札


熊野本宮大社、熊野速玉大社のお札には「熊野山宝印」と書かれていましたが、熊野那智大社のお札には「那智瀧宝印」と書かれています。
この文字に使われているカラスの数も、熊野本宮大社88羽、熊野速玉大社48羽に対して、熊野那智大社は72羽にになっております。

熊野那智大社への参拝も終わり、歩いて行くとガイドブックでおなじみの景色が現れます。


那智大社


ご存知の方も多い方多いかと思いますが、那智の滝は滝自体が神体とされている。
「飛龍神社」と名づけられている。
社殿はなく、滝の前に拝所があるだけである。
古くから修験道の滝行の聖地とされてきた。
ここは、滝のすぐ下まで行くことができるので、ぜひ、下まで降りていってほしいと思います。


いかがだったでしょうか??
これで、熊野古道での3日を終わらせていと思います。
熊野古道は、とても霊験豊かな場所であります。
そんなスピリチュアルスポットへ、ぜひみなさんも旅に出てみてはいかがでしょうか??
皆様が、良い旅を送られることを切に願っております。


****熊野古道を知ろう ~神仏分離令~****

熊野那智大社に到着すると、違和感を感じる方も多いと思います。
熊野那智大社のすぐ横に、那智山青岸渡寺がある。
神社とお寺が違うものだと感じている、私にはまるで同じ境内にあるような2つの物はとても異様に見えたのでした。

日本古来からの教えの神は、われわれの生活に根付いた神様あでありました。
社におられるわけではなく、私たちが望む場所に現れる存在でした。
では、神社というものができたきっかけはというと、仏教の伝来でした。

仏教は、仏様を仏像としてお寺にお祭りします。
このことが、神様を神社にお祭りすることになったとする説が有力になっております。

そののちに、神様と仏様は、お互いがお互いを認め協力する用になって行きました。
熊野那智大社と那智山青岸渡寺をはじめ、有名なところでは、「興福寺と春日大社」、「延暦寺と日吉大社」、「東寺と伏見稲荷大社」などがそれで、これらを神仏習合といった。

しかし、明治時代になり明治政府は、そのよりどころを天皇の存在に求めた。
国家公認の宗教として神道を置き,神社を“国家ノ宗祀”としての体裁を整えるため、神仏分離令を出す。
復古神道の影響下で天皇の神聖化を目的としたもので、手始めにまずお寺と神社を明確に分離し、中世以来の神仏習合の状態を改める意図で出されたものである。
そして、現代の神社・お寺というくくりが出来上がったのである。



◆◆◆広島勉強会「キズナ」 平成20年11月8日(土)◆◆◆

社労士の情熱大陸プロジェクト【こいログ】
石井孝治先生の「退職金セミナー」


【日時】  11月8日(土) 13:00~16:30
【場所】  パレット広島(広島県立生涯学習センター) 

詳しくは、下記のページをご覧ください。
広島社労士勉強会「キズナ」 勉強会詳細




タグ:広島 中国 社労士勉強会 退職金勉強会 年金勉強会

スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakarurouki.blog114.fc2.com/tb.php/127-0769def4
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。