流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

退職金制度の注意点

0   0

年金とは、まったく関係がないのですが、もうすご彼が帰ってきます。
誰って・・・・・



















35428851_48.jpg






























そうです!!

「東京都知事と同じ青島です!!」

の青島刑事です。
凄く楽しみです!!
真下も良かったけど、やっぱり青島が良い!!
すみれさんが良い!!
和久さんが良いです!!
今年の夏をこうご期待!!





ブログの応援お願いしますキラキラ
ダウン


にほんブログ村 士業ブログへ

皆様思いが届きました!!今日もありがとうございますjumee☆SaturdayNightFeverL



●退職金制度の注意点

今回は、現在規定されている退職制度の注意点についてみてみたいと思います。
就業規則や退職金規定は、短期間に見直されるべき性質のものではありませんね。
退職金規定については、10年はたまた、20年と改定されない場合もあると聞いたことがあります。
そうすると、10年前と現状では周りの環境も違いますので、色々と注意が必要になってきます。

そのうちの1つが、年功序列賃金に基づく退職金規定です。
年功序列の退職金制度とは、勤続年数が長くなればなるほど、有利になる乗率を掛けて計算される退職金制度のことです。

以前は、年功序列が当たり前の世の中でした。
しかし、現状を見渡して見ますと、成果主義の波が押し寄せてきていますね。
また、転職をすることも以前に比べて抵抗がなくなってきていますので、中途入社の社員の処遇についても考えていかなくてはならない時代になってきました。
このように、賃金は成果主義の賃金規定なのに、退職金は年功序列ではおかしくなってしまいますよね。
それなので、成果を加味したポイント制退職金やポータビリティーが高い退職金制度に換えることが求められていると考えます。

また、昨今の経済状態は、会食金の運営に大きく影響を及ぼしております。
現行の水準の退職金を払うことが困難、もしくは経営に影響を与える企業も少なくないのではないでしょうか??
そのような企業は、法律に基づいた上で、退職金制度の変換や乗率の引き下げなどを従業員と十分に話し合っていく必要があると思います。


◆◆◆広島勉強会「キズナ」 平成20年11月8日(土)◆◆◆

社労士の情熱大陸プロジェクト【こいログ】
石井孝治先生の「退職金セミナー」


【日時】  11月8日(土) 13:00~16:30
【場所】  パレット広島(広島県立生涯学習センター) 

詳しくは、下記のページをご覧ください。
広島社労士勉強会「キズナ」 勉強会詳細




タグ:広島 中国 社労士勉強会 退職金勉強会 年金勉強会



スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakarurouki.blog114.fc2.com/tb.php/113-3c1740de
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。