流通業界10年☆企業年金プランナーホッシーの流通と年金のお話

流通業界10年のホッシーが流通関連のお話と労働保険・社会保険の気になるニュースを見ていきます。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

色々な退職金制度~共済編~

0   0

明日から、10月ですね!!
クールビズも今日で終わりですね。
ネクタイがないとだいぶ楽なんで、もう少しクールビズでいたいような気がします。
クールビズが終わる会社の皆さん、ネクタイを忘れないようにしてくださいね~(笑)



ブログの応援お願いしますキラキラ
ダウン


にほんブログ村 士業ブログへ

皆様思いが届きました!!今日もありがとうございますjumee☆SaturdayNightFeverL



●色々な退職金制度~その4~

最後の制度は、運用責任が共済にある制度です。
この制度は、ずばり、

・中小企業退職金共済(中退共)
・特定退職金共済(特退共)

などがあたります。


そして、これらの制度の特徴としましては、上にもありますように退職金の積み立ての運用責任について、事業主・従業員が負わなくて良い点です。
では、だれが負うのかと言うと・・・・。
もちろん、『共済団体』が負うことになります。
要するに、共済団体が作った制度に、乗っかってしまうということです。
その分、運用などについて事業主・従業員供に何もいえませんが、運用が失敗したときの責任が無い所は、魅力だと思います。

また、中小企業は、退職金制度を作りたくても作れないことがあります。
それは、事業規模によりますが、厚生年金基金などを自分の会社で作ろうとしたら、規模の大きな企業でなくては作れません。(地域型を除く)
しかし、中退共等であれば、みんなで1つの企業と考えて、基本的には規模に関係なく入ることが出来ます。
気軽に、入れるという点でも、共済型の退職金制度は、中小企業にはとてもありがたい制度だと思います。

しかし、運用に入れないので、毎月決められた額を支払、景気に合わせて損をしたり、得をしたりしないのが欠点になっています。


大きく4つの分類に分けて、大きな視点で退職金制度を説明してきましたが、いかがでしょうか??
次回からは、適格退職年金に関して見ていきたいと思っております。



◆◆◆広島勉強会「キズナ」 平成20年11月8日(土)◆◆◆

社労士の情熱大陸プロジェクト【こいログ】
石井孝治先生の「退職金セミナー」


【日時】  11月8日(土) 13:00~16:30
【場所】  パレット広島(広島県立生涯学習センター) 

詳しくは、下記のページをご覧ください。
広島社労士勉強会「キズナ」 勉強会詳細




タグ:広島 中国 社労士勉強会 退職金勉強会 年金勉強会

スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://wakarurouki.blog114.fc2.com/tb.php/111-9018dde4
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。